*humming*〜うたってくらそう〜

2005年9月生まれの娘、ピーナツとの毎日を中心に綴っていきます。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -  
<< またまた  1歳半健診&1歳7ヶ月の記録 >>

実は・・・。

ピーナツ、10日間入院していました。
昨日無事に退院し家に帰ってきました。


(かなりの長文になります・・・。)







前回の記事の後、朝になってまた38,5度の発熱。足もやっぱり腫れがひどくなっているので朝一番でかかりつけの小児科を受診しました。

そこで「紹介状書くから○○病院で見てもらったほうがいいでしょう」と・・・。
幸い同じ市内だったのでその足で大きな病院へ。

病名は「蜂か織炎」、足の中にばい菌が入って炎症を起こす病気で、菌が股関節に入ってしまうと一生、びっこをひくことになるから・・とすぐに入院することになりました。

はっきり言って全く想定していなかったのでショックを隠しきれませんでした。
ピーナツの前ではガマンしていたつもりだけど、どうしても涙がにじんできてしまう。
熱で朦朧としている中、採血やらレントゲンやら次々と検査が行われていきます。
で、どこで使い方をまちがって覚えてしまったのか、嫌なことをされるときになぜか「ごめんね。ごめんね。」を連呼するピーナツ。
なんで謝るの〜??イヤなら「イヤだイヤだ」って言っていいんだよ〜と余計に可哀相に思えてまたまた涙が。でも一番つらいのはピーナツだよね。

検査を終え、入院の手続きをしてからピーナツを迎えにいくと、泣きながら
「ママと!ママとズボンはく!!」([検査着におむつ]といういでたちだったので)
もう、小児科病棟に行くまでなにもかもが辛すぎでした。

ココの病院は完全看護なので親も面会時間にしか会いに来ることができません。
初日の付き添いを終えて、一人で家に帰ってきたときはピーナツの物が目に入るたびに泣いていました。(でも、ここで思い切り泣いて気持ちの切り替えをしたのがよかったのかもしれません)

ピーナツは4日間点滴を入れっぱなしで、ベッドから動くことが出来ませんでしたが、次第に回復し点滴も1日3回になり、最後ははずれてプレイルームで遊べるようになりました。
ただ、足の痛みはあるようで痛い方の足を付こうとはしませんでした。立てるようになったのは退院の前日です。(ヨロヨロしながらも歩いたときにはとても嬉しかった!)
幸いにも同じ病室に3ヶ月違いの男の子が入院していて、親が来るまでの時間はその子と一緒に遊んでいたみたいです。Hくん仲良くしてくれてありがとう♪

食欲も全くなかったのが元気になるにつれ、なんでも食べるようになり、家では絶対食べなかったほうれん草とかまでパクパクよく食べていました。(ここで、お腹をすかせていれば美味しく食べられるんだと今までの間食の習慣を反省したりして)

さて、一番困ったことが、看護士さんを拒絶し続けたことです。
まだ保育園でも慣らし保育の途中だったのに、いきなり引き離されて辛かったのもわかります。看護士さんは処置をするのが一番のお仕事なので、保育士のようにゆっくりじっくり仲良くなってる暇なんてないだろうし・・・。
とにかく面会時間中のピーナツは別の子の所へ来た看護士さんにも過剰反応し「いやだ!しない!!ママと!!!」の連発でした。
初めの頃ははゴハンも食べないし、抱っこも拒否だったようで・・・・。なので放っておくしかないですよね。面会に行くと寝てないのにただベッドのなかで横になってボーっとしてるだけってことがありました。
ココロを閉ざしたままでは自分の入院生活が辛いだけなんだけど言い聞かせてもわからないしね・・・具合も悪くて機嫌も悪いよね。余裕もないだろう。
なんとか退院の2日前くらいになると看護士さんによっては泣かなくなりましたが、慣れた頃には退院です。

そして、私はというと。
入院の日から1日2時間の育児時間を取得し、休み時間ナシで2時まで働いて家に戻り〜軽く食事の準備をし〜3時には病院に駆けつけピーナツのお世話〜8時までに寝かしつけて病院を出るというスケジュールでした。(寝てからなので大泣きの中、置いて帰るということはあまりなかったので少し気が楽でした。)

入院の前にも3日休んでしまったし、9日に復帰したばかりなのにまともに働くことが出来ていません><
理解のある職場でみんな嫌な顔もせずに「大変だね」「がんばって」と優しい声をかけてくれます。申し訳ないと思いながらも本当にありがたいです。
退院はしたものの、まだ保育園には行く事が出来ないのであと数日はお休みをとらなくてはなりません・・・。
ピーナツのそばにいられるのは嬉しいし、いてあげたいけれど頭の片隅には職場のことがあったりして・・焦っても仕方がないのだけれどなかなか辛いです。
・・・4月から休暇、こんなにとっちゃって1年間足りるかなぁ。


comments(2)  -  

スポンサーサイト

-  -  

COMMENTS

Posted by kairiのmama(eri) at 2007/05/02 2:54 PM
お久しぶりです。
いつもよく拝見させて頂いてますが ちょっと見ない間に大変な事になっていたんですね。その後 子供さんはどうですか?元気になりましたか?
子供が病気になると 代わってあげたいって母心で思いますよね。
でもピーナッツちゃん。よく頑張りましたね。
お仕事復帰されてすぐににも関わらず ママさんもお疲れ様でした。
仕事も大切だけど子供が一番ですもんね。
いい職場に恵まれてて羨ましいです。
どうぞ お大事に。
Posted by eriさんへ at 2007/05/05 11:21 PM
どうもありがとうございます^^私も楽しみに拝見させてもらっています。

おかげさまでだいぶ元気も出てきて、足取りも軽くなってきたようです。
連休明けにはまた保育園に行けるかな。いろいろあって5月にはいるのにまだ慣らし保育が完了してません・・・(^^;)あせっても仕方ないのでのんびり行くことにしますね。
入院を経験して子どもが元気で笑っていることがいかに幸せか、改めて実感しました。





 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>